水素サプリメント > 痛風対策にも水素がおすすめ

尿酸値も下げる水素サプリメントの効果

痛風というのは、尿酸と呼ばれる物質が血液の中で増加をすることで、関節付近に付着し、結晶化することで起こるもの。関節付近だけならばまだいいのですが、その結晶化した尿酸がその他の場所に付着することも考えられますから、他の臓器に結晶化して付着をしてしまったら、より深刻な病状が現れる場合もあります。

痛風=良いモノ食べ過ぎではない!?

ラーメン イメージ痛風と聞くと、いいものを食べ過ぎたから起こる…なんて昔はいわれていました。

それは、痛風を起こす原因が食べ過ぎや飲み過ぎ、内臓脂肪などが関係しているからです。その他にも、ストレスや遺伝的要因もあると考えられています。

良いモノじゃなくても、不規則な生活で食べたいものを好きなだけ食べて飲んで…という生活が尿酸値を上げることもありますので注意しましょう。

他人事じゃない痛風を水素で対策しましょう!

なんと、今は20代や30代でも痛風予備軍と呼ばれている尿酸値の高い人が増えていますし、若くして発症する人もいます。全ての数を含めると、500万人はいるといわれていますから、ぜいたくをしていないから大丈夫…ともいっていられなくなってきました。

痛風も人事とは思えません。高血圧や糖尿病などと並んで、生活習慣病として痛風も考えられています。

痛風に対して水素が効果を期待できるかどうか、水素について研究をしている日本医科大学大学院の太田教授の実験によると、水素を摂取した後には尿酸値がぐんと下がっているというのがわかっています。その代わりにアルコールを飲んだ場合は、もちろん尿酸値はぐんと上がりますから、水素の力が尿酸値を下げているということがわかります。

水素の力というのは、まだまだ無限の可能性が隠されていると考えられています。痛風の原因となる尿酸値までも改善させてくれる期待ができるのです。その他に水素は、食欲を調整する働き、体脂肪を減らす働きなどもあると考えられています。

これらに水素が関係しているなら、水素を摂取することで痛風以外の高血圧や糖尿病などの生活習慣病も改善させていき、未然に防げるようになると期待されています。

スポンサーリンク