水素サプリメント > 糖尿病 水素

糖尿病と活性酸素の関係

糖尿病は、血液中の血糖値が上がり過ぎることで、様々な合併症を引き起こす生活習慣病の一つです。腎臓障害、動脈硬化、手足のしびれや眼の異常など、糖尿病が影響を及ぼす症状は多岐にわたります。

血糖値が上がり過ぎる原因は、膵臓でインスリンが充分に作られず、血糖値を下げられなくなってしまうからです。そのインスリンが作られなくなる原因の一つに活性酸素が関係していると考えられています。

インスリンは膵臓のβ細胞と呼ばれる部分で作られるんですが、このβ細胞は活性酸素の攻撃に非常に弱いことが分かっています。

そして、糖尿病患者の血液を調べると、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)と呼ばれる酵素が少ない傾向があると言われています。このSODは活性酸素のスーパーオキシドを除去する抗酸化物質です。つまり、SODが不足することで、膵臓のβ細胞が活性酸素の攻撃を受けやすくなり、インスリンが充分に作られなくなってしまっているという流れで、結果的に血糖値が上がり過ぎてしまいます。

 

糖尿病になるとさらに増える酸化ストレス

動脈硬化 イメージ糖尿病で血糖値のコントロールができなくなると、細胞内のミトコンドリアがエネルギーを作り出す際の、副産物として発生する活性酸素がより多く作られてしまいます。

また、糖尿病になると食後に血糖値が高い状態が続きます。日常的に高血糖状態が続けば酸化ストレスが増えます。酸化ストレスが増えれば動脈硬化を引き起こします。

そして最終的に三大合併症と言われる網膜症・腎障害・神経障害を誘発します。糖尿病で不幸にも亡くなられる方の殆どは、血糖値の上昇が直接的な原因ではなく、動脈硬化による合併症のケースが多いです。

様々な生活習慣(暴飲暴食、偏食、肥満、運動不足など)で発生した活性酸素の影響で、膵臓が正常に働かなくなり、インスリンの分泌が減る。すると高血糖状態が高くなる。高血糖になればさらに酸化ストレスが増大し、動脈硬化が引き起こされ、様々な合併症を引き起こすという流れです。

 

水素の抗酸化作用が膵臓のβ細胞の負担を減らす

水素は悪玉活性酸素を無害な水に還元してくれる働きがあります。

糖尿病を引き起こす悪い生活習慣の改善が何よりも大事ですが、膵臓のβ細胞を活性酸素の攻撃から守るという意味と、高血糖状態で通常より多く発生してしまう活性酸素を還元するという意味で、水素が糖尿病に効果的と言われています。

スポンサーリンク