水素サプリメント > 糖尿病対策にも水素

水素で改善!糖尿病と活性酸素の関係

生活習慣病の1つである糖尿病。血糖値が高い状態が続くため、糖尿病そのものも怖いですが、更に合併症を引き起こしてしまうという怖い病気です。その原因のひとつともいわれているのが、体内で発生してしまう活性酸素です。

活性酸素は、糖尿病の症状である血糖値を上げてしまいます。本来ならば細胞内のミトコンドリアがブドウ糖からエネルギーを作り出すのですが、この作り出すときに活性酸素が発生をすることによってミトコンドリアが変化をし、結局ブドウ糖がエネルギーとして使われることなく余るようになります。

その他、活性酸素がすい臓を刺激することも、血糖値を上げてしまう要因となっています。活性酸素は血糖値の上昇に非常に深い関係があることが分かっています。

すい臓はインスリンを作る大事な役目があります。そのインスリンが発生することで上昇した血糖値を元に戻すことができているのですが、活性酸素のせいでインスリンの発生量が減るため、血糖値が元に戻らず上昇したままになってしまうのです。

ブドウ糖に関しては、過剰に体内に残ってしまうことが様々な組織や細胞に悪い影響を与えます。さらに活性酸素を増加させてしまうきっかけにもなりますので、その影響でダメージを受けた細胞が、症状として様々な合併症を引き起こしてしまうのです。

抗酸化作用の強い水素が効果的!

これらの問題を解決するためには、抗酸化作用の高いものを摂取して、血糖値の上昇や糖尿病の症状を抑える必要があります。抗酸化作用が高いといえば水素です。

水素は活性酸素を体外に排出させてくれて、しかも体内に入ってから無害なものになるので、悪い影響が起きません。水素を摂取すると、ミトコンドリアをはじめとして、すい臓もダメージから保護してくれるので、血糖値が上がったままではなく、しっかりと下げることができます。

糖尿病対策はとにかく血糖値が上がったままにしないという点。そのために、血糖値を正常に下げられるよう水素の摂取をオススメします。

スポンサーリンク