水素サプリメント > 殺菌効果が期待できる水素

水素の殺菌効果について

ばい菌 イメージ水素の働きの中に、高い殺菌効果があるという実験結果があります。大腸菌であるO-157や赤痢菌までもやっつけてしまうほどの威力です。

水素の力で、数分で死滅してしまうという実験結果が出ているのですから、水素は驚くべき効果を期待できる物質です。また薬剤耐性菌という、薬でもやっつけることができないような菌に対しても、水素が殺菌をしてくれるというのですから、非常に魅力的。

水素は薬ではないですから、薬剤耐性というのがつかないため、いつでもどんなときでも、菌を殺菌してくれるというので、安心です。

効果の高さの割に知名度の低い水素

でも、まだまだ水素の効果について知らない人も多く、あまり有名なものではないといえます。実際に周りの人に話してみると分かると思いますが、水素が何の役に立つの?と聞いても、何も答えられない人が大半だと思います。

水素は薬ではないし、水素で症状が改善するはずはないと思い込んでしまっているのです。薬ならば信じられる…といいますが、水素よりよっぽど薬が怖いものである、というのをあまり知らないのです。

薬と活性酸素の関係

薬 イメージ薬を使うたびに、体内では悪玉活性酸素というものが発生をしています。この活性酸素は、細胞を酸化させて傷つけ、あらゆるダメージを増やしていくもの。

最初は薬が効いているものの、あるときを境にその薬が効かなくなってしまう場合もあり、そうなると治療にも限界がきてしまいます。がん患者に関しても、薬の副作用が死因となってしまうことだってあるのです。

水素なら悪玉活性酸素を発生させるどころか、体内に溜まっている悪玉活性酸素を排出する働きもありますし、病原菌となる細菌をやっつけることだって可能なのです。とても重宝するものだと思いませんか。

水素は薬ではないですから、まだ今の段階では医師が水素を使ってみましょうと話をすることはないと思います。でも、これから水素が病気に対していいように作用するという証明がされていけば、もっと水素を摂取することが身近になっていくはずです。

スポンサーリンク